インド世界遺産のアンベール城!鏡の間とガネーシャ門が美しすぎる

▼Share

インドのジャイプールにある「アンベール城」をご存知でしょうか。

美しすぎる!と大変話題になっている大人気の観光地です。

私も実際に訪れ、その建築美と美しさにすっかり魅了されてしまいました。

今回はそんな「アンベール城」の見所をご紹介いたします。


アンベール城の歴史

アンベール城は、1592年にムガール帝国のアクバル皇帝、軍司令官であったラージプート族のマハラジャ・マン・スィン1世によって、大規模な増改築が始まり、その後も増改築を重ね、作り上げられた城塞。

2013年には世界遺産にも登録されています。

宮殿内部はイスラム様式とラジャスタンの伝統様式が融合され、その美しい独自な建築美を見ることが出来ます。

アンベール城の場所

アンベール城はジャイプールの郊外、北東11㎞に位置しています。

ジャイプールの中心地からバスが出ているので、バスで行くのがおすすめ。

バスでおよそ30分ほど、10ルピー(約17円)。

入場料

  • 外国人観光客はひとり500ルピー(約850円)
  • 学生の方は学割でなんと100ルピー(約170円)

※料金は時期により変動します

像タクシーが名物

像タクシー

ちなみにアンベール城は丘の上に立っているので、麓からはおよそ150mの急な坂道を登っていかなくてはなりません。

気温の暑い中、この坂道を登っていくのはけっこうキツイ。

なので、ここでは名物の「像タクシー」があります。

値段は1,100ルピー(約1,800円)。さすがの割高さ!!

なので、私は自分の足で歩いていきましたが…暑さに弱い方や、像さんとの思い出作りをしたい方にはオススメです。

アンベール城内部の様子

ジョブレチョーク

アンベール城の最初の門をくぐってまず着くのが上の写真の「ジョブレチョーク」という中庭。

像タクシーの到着地点でもあります。

更に進んでいくと、その独特な美しい建築美を見ることができます。

外国人観光客のみならず、インド人観光客もたくさん。

みなさん座って休憩したり、記念写真を撮ったりして楽しんでいました。

それからアンベール城は美しい庭園も見られることで有名なんです。

ケサール・カヤーリー・バーグ水上庭園

庭園はいくつかありますが、こちらは「ケサール・カヤーリー・バーグ」という水上庭園。

水上に浮かぶ庭園なんて、なかなかないですよね。

周りのアンベールの街並みとマッチして、とても綺麗です。


アンベール城の見所は2つ(ガネーシャ門・鏡の間)

アンベール城の中で、特におさえておきたい見所2つをご紹介します。

ガネーシャ門

ガネーシャ門

世界一美しい門として称されている「ガネーシャ門」。

中央にヒンドゥー教、富の神様「ガネーシャ」がおられます。

見事な透かし彫りと繊細な彫刻が施され、本当に美しい。

鏡の間(勝利の間)

鏡の間

それから「シーシュ・マハル」と言う「鏡の間」。

ここでは小さな鏡が見渡す限り、散りばめられています。

天井や壁一面に施された無数の鏡。

幾何学模様の装飾がとても綺麗で、光に反射するとキラキラ。

本当にうっとりしてしまうほど。

アンベール城へ行って、ぜひその美しい世界を体感してみて下さいね〜。

▼Share
ABOUT ME
未来
未来
「地球に優しく、人に優しく、自分に優しく」/ 好きなものは料理、旅、自然、インド / ベジタリアンな食生活や、これからの生き方、新たな暮らしに役立つ情報、旅の情報などを書いています。生活がちょっとハッピーになることを多方面から発信しています。