タイ旧正月の水掛け祭りソンクラーンが楽しすぎ!開催期間と注意点7つまとめ

▼Share

タイでは毎年、旧正月の時期に「ソンクラーン(水掛けまつり)」が行われます。

ソンクラーンとは新年のお祝いやお清めを行う期間ですが、それが近年では単なる水の掛け合いに発展していることから、日本ではタイの「水掛け祭り」という言い方をしています。

普段はお祭り騒ぎや、パリピ系が苦手な私ですが実際、タイの「ソンクラーン」に参加した際は、めちゃめちゃ楽しめました。

というか楽しすぎました!!!

と言うことで「ソンクラーン」に初めて参加される方や興味のある方は必見!

開催期間と、安全に楽しくソンクラーンに参加するための7つの注意点をまとめてみたので、ぜひ参考にして頂けたら幸いです。

ソンクラーン(水掛け祭り)の開催期間

ソンクラーンが行われる期間は毎年、タイの旧正月の時期で4月13日〜15日の3日間が基本の開催期間となっています。

しかし場所によっては若干、日程が異なることもあるようなので、事前に行かれる場所の開催日程をチェックしておくとよいでしょう。

この期間は観光客も増えるので、航空券やホテルの予約は早めにしておいてくださいね。


ソンクラーンに参加する際の注意点7つ

①期間中の移動は避ける

ソンクラーンの期間中は一歩外に出れば、四方八方からこれでもかってくらい水が掛かってきます。

そのつもりで外へ出ていれば全く問題ないのですが、例えば期間中にタイへ到着する場合は空港からホテルまでの移動中も必ず水がかかります。

待った無し状態です。

スーツケースを抱えながら、水でビショビショになるのはさすがにちょっと辛いですよね。

逆に日本への帰国日も同様。ソンクラーン期間中に帰ろうものなら、空港に着いたころには全身ビショ濡れです。

実はわたしもソンクラーン期間中にタイのビザが切れてしまうという事態に陥り、随分とやらかしました。

そのため急遽、タイから隣国のミャンマーへの移動を余儀なくされ…。(ビザ申請方法は他にも色々ありますが…)その移動がもう本当に大変で大変で…。

この日は荷物も持っているし、本当にただ移動することが目的の日だったので、出来れば濡れたくありませんでしたが、もちろんそんな事は不可能。

なので、期間中の遠出や移動は避けた方が無難ですね。

②携帯やカメラの防水対策は万全に

せっかくなので「楽しいお祭りの思い出を写真に収めたい!」と思う方も多いですよね。

しかし携帯やカメラなどの電子機器は防水対策だけは、絶対にしっかりしておいてください。

カメラや携帯が濡れて使えなくなったなんて事になれば、せっかくの楽しい思い出も水の泡です。

たとえカバンの中に入れておいたとしても、ポケットの中に入れておいたとしても、確実に濡れますので万全の備えを。

③スリに注意

期間中はお祭り騒ぎでみんな浮かれています。

観光客の人も、何かと気が緩みやすくなりますよね。

しかし、そういった隙を狙って頻繁に起こるのがスリです。

バンコクやチェンマイなど主要なエリアでは特に大勢の人でごった返していますので、その人混みを利用して、スリも多発しますので要注意。

貴重品はできれば持ち歩かないようにするか、最低限にしておきましょう。

また、お金も普段の財布や、ポケットなんかに入れていたら、確実にびしょ濡れになるので、こういった防水ポーチなどがあると、とても便利です。

④動きやすい格好

服装は100パーセント濡れてもいい服装で。

そして、女性は水に濡れて透けてもいい服装にしてくださいね。

Tシャツなどの下には水着を来ておいた方がいいです。

あとこれは私の失敗談ですが、よくタイのマーケットなどで売られているタイパンツ、柄も可愛くて、タイ滞在中はついたくさん買って履いてしまうのですが、ソンクラーンの期間中は履くのを避けた方がいいです。

なぜなら、水に濡れて色落ちしてしまいます。

水をかけられまくると、タイパンツの染料がその場で落ちて残念なことに。

これはかなり失敗。

撥水や防水加工されたものを着た方がよさそうです。

また、靴もスニーカーではなく、マリンシューズやクロックスがオススメ。

⑤目の保護

ソンクラーンで使われる水は、どんな水が使われているのか分かりません。

中には衛生面的に問題のある川の水を使っていたりもするので、その水が目の中に入ると稀に結膜炎などを起こす可能性もあります。

予め、サングラスやゴーグルなどをつけて、目のガードをしておきましょう。

そして、祭りから帰ってきたら、念のためよく目を洗うことも忘れずに。

目薬なども準備しておくといいですね。

⑥武器の用意を

ソンクラーンに参戦する者は必ず武器の用意を!!

街中の人たちもそれぞれに選りすぐりの武器を持ち寄って参戦しています↓

View this post on Instagram

国境のない世界を。とか平和を謳う時によく聞くけど、人と人との間には元々なんの境もなくて。それは動物も含め。 作ってるのは自分の中の正義感による柵。 正義感強いヤツほど壁を作り、その自分の中の柵を解き放つように平和、平和と唱える。 正義だの平和だのは誰しもが思ってる事で、刷り込むものではない。 ただ目の前の人に笑うだけで幸せは伝染していく。 歩さんから聞いた言葉「世界中に友だちを作る事が一番シンプルな世界平和。」 人種も思想もすべて跳び越えて、出会い頭の初対面に水鉄砲で水を浴びせ笑いあえるタイのお祭りソンクラーンは、全ての人が描く幸せな未来の縮図にみえた。 . #旅 #旅行 #平和 #タイ #カオサン #カオサンロード #バンコク#ソンクラーン #旅好きな人と繋がりたい #trip #journey #travel #slowlife #thailand #bangkok #khaosan #khaosanroad #songkran #pubg #荒野行動

A post shared by とみーの旅しおり (@tommy_journey) on

期間中はタイのスーパーや、そこらへんのお店で大量に水鉄砲が売っていますので、ご安心を。

⑦交通事故に注意

ソンクラーン期間中は、楽しいお祭り行事の反面、交通事故が特に多くなることでも問題になっています。

歩行者はお祭りに夢中になるあまり、周りの交通への注意が欠けていたり、車を運転する方も注意散漫になる傾向があります。

いつも以上にはっちゃけた人や、酔っ払いの人が多くなりやすいのもあり、交通には十分の注意を払ってください。

まとめ

注意点のおさらい

  1. 期間中の移動は避ける
  2. 携帯やカメラの防水対策は万全に
  3. スリに注意
  4. 動きやすい格好
  5. 目の保護
  6. 武器の用意を
  7. 交通事故に注意

以上の7つを注意して、万全の体制でいざ繰り出してください!

とにかく、ソンクラーンは絶対に一生に一度は体験しておくべきお祭りです。

もう、楽しくないはずがありません!!!

大人も童心に戻って思いっきり楽しみましょう〜!!!



▼Share
ABOUT ME
未来
未来
「地球に優しく、人に優しく、自分に優しく」/ 好きなものは料理、旅、自然、インド / ベジタリアンな食生活や、これからの生き方、新たな暮らしに役立つ情報、旅の情報などを書いています。生活がちょっとハッピーになることを多方面から発信しています。